よくある質問

あなたの疑問にお答えします。

Q1 コンパス社独自のポリシーなどはありますか?
Q2 他社と異なる点や特徴はどんな点ですか?
Q3 経営コンサルティングとは、具体的にどういうことをするのですか?
Q4 新規事業開発以外は、お手伝いして頂けないのでしょうか?
Q5 赤字を解消して、企業を建て直したいのですが、企業再建はされていますか?
Q6 なぜ広範囲の業種に対応できるのですか?全業種の知識があるのですか?
Q7 研修はプログラムを自社向けにアレンジしてくれますか?
Q8 過去のお取引実績で、どんなお客様がいらっしゃいますか?
Q9 ご対応エリアとかはありますか?
Q10 ご依頼しても、断られる場合はありますか?
Q11 コンサルティングや研修など、それぞれご契約期間の決まりはありますか?
Q12 ご依頼したいのですが、ご契約まではどういう流れですか?

 

 

Q1 コンパス社独自のポリシーなどはありますか?
A. 以下3つを主なポリシーとして掲げさせて頂いております。
1. 以下3つを主なポリシーとして掲げさせて頂いております。
一緒に事業を作り出すスタンスがない企業様はお断りします。
2. 原則として、無意味な値引きはしません。
モノの販売ではなく知的付加価値サービスだからです。
ただし、特別な事情がある場合は、ご相談には乗らせて頂きます。
3. 完全成果報酬は、お受けしません。
私たちは、サポート業ですが、ボランティアではありません。
プロフェッショナルによる人的な知的サービスのため、コンサルタントが
稼動した分に対しては、チャージが発生します。

トップへ

Q2 他社と異なる点や特徴はどんな点ですか?
A. 一言で言えば、「新規事業開発のワンストップソリューション」です。多くのコンサルティング会社では戦略立案をして提言書を納品して終わりですが、当社の場合は事業の立ち上げまで一貫してお手伝いしています。また人材育成も事業の創出を目的とした研修プログラムに力を入れており、新規事業まわりを総合的にお手伝いしているところが特徴です。

トップへ

Q3 経営コンサルティングとは、具体的にどういうことをするのですか?
A. 厳密に言うと、経営そのもののコンサルティングは、殆ど行っておりません。新規事業開発やマーケティング等、個別の課題に応じた「プロジェクト支援」を業務の中心にしております。分かりやすい業務例で言えば、企画立案、市場調査、事業計画書の作成、各種アドバイスとノウハウの提供、事業の立ち上げ支援の場合は、各専門家を束ねてプロデュースする業務などです。また、目に見える成果は、報告書や事業計画書などの「書類関連」、販促物の製作代行による「販促ツール類」、そして実際の「事業の立ち上げ(オープン)」が主なものになります。

トップへ

Q4 新規事業開発以外は、お手伝いして頂けないのでしょうか?
A. 実際には6割超が、新規事業開発の案件ですが、残る4割弱が、マーケティング戦略の立案や営業改革など、既存の仕組みで、どう収益力を向上させるのかという案件です。また、新規事業開発のプロセスの中には多くの経営の要素が含まれているため、マーケティングや営業を中心に、新規事業開発以外でのご相談にもご対応させて頂いています。しかしながら、人材採用や人事制度構築、生産改善、ITシステムコンサルティング、財務やファイナンスなどは、得意としておりません。

トップへ

Q5 赤字を解消して、企業を立て直したいのですが、企業再建はされていますか?
A. 原則としてお受けしておりません。当社は経営の改革ではなく、プロジェクト支援を通じて「企業の成長部分」をお手伝いすることを得意としているためです。また、本業で継続的に赤字が出ている企業の新規事業開発支援も原則としてお断りしております。先に、財務面の改善が必要だと考えているからです。

トップへ

Q6 なぜ広範囲の業種に対応できるのですか?全業種の知識があるのですか?
A. もちろん全産業の“専門”知識はありません。しかしながら、本質は、各業種の専門知識が一番大事なのではなく、成功のロジックや、客観的な視点、そして大局観などが一番大事であると考えています。よくお客様から、業界の経験がないのに何故コンサルティングができるの?と聞かれますが、ではなぜ専門知識をお持ちのお客様自身が独力でプロジェクトを成功に導けないのかという側面もあります。そのため、事前に、業界の研究を集中的に行いながら、貴社の専門性や付加価値を引き出すことで、プロジェクトを成功に導きます。業界の専門知識ではなく、原理原則こそが大事であると私たちは考えています。

トップへ

Q7 研修はプログラムを自社向けにアレンジしてくれますか?
A. もちろんです。標準的なプログラムをたたき台に、貴社の状況やご希望をお聞きした上で、正式なプログラムを作成していきます。また、時には完全にオリジナルなプログラムを作成して欲しいというご希望も頂きますので、その様な場合にでもご対応させて頂きます。またコーチングや、会議の運営方法、リーダーシップ研修など、コミュニケーションやヒューマンスキル系のご希望を頂くこともありますが、当社は得意としておりません。しかしながら、その場合には当社のパートナーである専門家を派遣させて頂くスタイルをとっております。
 

■ クライアントの業種 ※件数実績

クライアントの業種
 

■ クライアントの売上規模  ※件数実績

クライアントの売上規模

トップへ

Q8 過去のお取引実績で、どんなお客様がいらっしゃいますか?
A. 規模別に見ると、年商で50億円〜300億円程度の中堅企業やベンチャー企業が多く、新興マーケットへの上場企業や大企業の子会社、独立系で非上場の場合は老舗で二代目社長からのご依頼からが多くなっています。また業種・業態は、多岐にわたりますが、サービス関連業種が一番多いことが特徴です。メーカーや飲食・小売店関連は、どちらかと言えば少ないです。

しかしながら、昨今では業態転換や第二創業などで、モノづくりを中心としたメーカーやモノ売りに力を入れていた卸売業も付加価値の高いサービス事業を新規事業として取り入れる傾向にありますので、業種・業態は広がりを見せています。なお、年商10億円未満の小規模企業の企業成長もお手伝いさせて頂いております。

トップへ

Q9 ご対応エリアとかはありますか?
A. 特別限定はしていませんが、実績としては東京を始めとする首都圏が多く、大阪を始めとする関西圏や東海圏、九州の方からもお問い合わせを頂くことはありますので、お気軽にお問い合わせください。
  クライアントの売上規模

トップへ

Q10 ご依頼しても、断られる場合はありますか?
A. 残念ながら、中には、お断りする場合もあります。
まず、公序良俗に反するビジネスやマルチ商法、宗教・政治関連は、コンサルティングや研修問わず、一切お断りしております。また、起業を検討中の個人様も大変心苦しいのですが、現在はお手伝いをしておりません。

なお、残念ながら、以下のような企業様は、途中解約も含めて、お断りしてきました。
・ご契約書や発注書など書面上のお約束なしに物事を進めようとする企業様
・事前通知も理由もなしに、お支払い条件を変更したり、お支払いを先延ばしにする企業様
・遅刻やドタキャンが多く、また課題事項の期限も遵守しようとしない企業様
・協働精神がなく、当社を下請けの“業者”扱いにしかしない企業様
・機密保持を遵守しない企業様
・当社など外部のブレーンに丸投げして、答えだけを求めてくる企業様

トップへ

Q11. コンサルティングや研修など、それぞれご契約期間の決まりはありますか?
A. 標準的な目安として、コンサルティングは半年単位が一番多く、研修は2日間、ワークショップは4ヶ月間としています。しかしながら、貴社の状況やご希望によって異なりますので、柔軟にご対応させていただきます。実績としては、新規事業開発支援を中心としたコンサルティングの場合、事業の立ち上げ支援まで含めると、平均で1年半程度というのが一番多くありました。また、やむを得ない事情で途中解約したい場合、柔軟にご対応させていただいております。

トップへ

Q1 Q11.ご依頼したいのですが、ご契約まではどういう流れですか?
A. ご契約までの流れは、コンサルティング、研修とも以下のようになっています。ご参照ください。

1.お問合せ
コンサルティングや研修のご相談など、どのような用件でもかまいません。
コンサルティングや研修のご経験のない方でも、お気軽にお問合せください。
気がかりな点やご不明点など、専任スタッフが48時間以内にお答えさせて頂きます。
お問い合わせフォームよりお問合せ下さい。
お問合せ
また、直接、セミナーや無料相談会へご参加されるお客様も多くいらっしゃいます。
スタッフに直接会えますので、安心です。
↓
2.会社訪問
ご希望の方にはこちらからお伺いして、より詳しいお話をさせていただき、お客様に合わせたコンサルティングや研修のご提案をさせていただいております。
まずは、社長様やご担当者様のご要望とお考えをお聞かせください。また、状況により、効果的なご提案をさせていただくための資料などをご準備いただくこともあります。
↓
3.ご提案
ヒアリング内容と各種資料から御社にとって最も効果的な課題解決のためのご提案書を作成させていただきます。その後、日程を調整して、ご提案を詳細までプレゼンテーションさせていただきますので、ご納得のいくまでご質問ください。その後、貴社内で、ご検討いただきます。
↓
4.お見積もり
私たちのご提案内容の趣旨に対して、ご理解と納得をいただいた場合に限り、ご希望の内容に基づいて、最終ご提案とお見積もりを提示させていただきます。
↓
5.ご契約
最終ご提案と内容とお見積もりにご納得いただけましたら、お支払条件や実際のスケジュールを設定し、機密保持契約を含むご契約書の作成、捺印・署名となります。
 

このページのトップへ