SERVICE

Tangle force

巻き込み力 研修

「巻き込み力」とは複数人をスムーズにまとめる力のことです。
高圧的ではなく気持ちよく複数人を巻き込むために、
主に職人気質な方やプロジェクトをまとめる職種におすすめです。

 目標

  1. 巻き込み力に必要なスタンスとスキルの習得
  2. 独りよがりな仕事スタンスの撲滅
  3. 他人事、評論家的なメンバーが協調しながら仕事をしている状態

 特徴

  1. 講義だけではなくディスカッションやグループワークを通じて新たな気づきを得る
  2. 研修を通じスタンスとスキルの習得で組織の風土を変えるキッカケをつくる
  3. 弊社の他のテーマをミックスさせた人間力、コミュニケーション術のベストアルバム的講座
  4. 場面を設定して臨場感あふれる事例演習で進行し理屈ではなく身体で体得
  5. 講義→個人ワーク(振り返り)→グループワーク(共有)→全体発表(気づき)→講師フィードバック(学び)のサイクルを
    各テーマに沿ってまわしていくことで、定着をはかる

 おすすめ

  1. 新任管理職やプロジェクトリーダーに巻き込み力の意識とスキルを身につけさせたい場合
  2. 一人のスタープレイヤーに依存せずチームで頑張れるような風土に変えたい場合
  3. 会議において参加メンバーをうまくまとめ、合意に導くスキルが求められる場合
  4. 複数人向けのコミュニケーション力を向上させたい場合
  5. 新人研修、役職者研修、階層別研修などの基本教育として導入したい場合

※部署や役職を問わずおすすめです。

 カリキュラム例

(標準所要時間 : 1日間 、目安となる受講者数 : 20名前後)

1. 巻き込み力の基本

  • 巻き込み力とは何か?
  • 巻き込み力の現状と課題
  • 巻き込み力がない一番の原因は何か?
  • 巻き込み力を向上させる方向性を考える
  • 巻き込み力がある人の理想像を設定
  • 巻き込み力に必要な素養を考える
  • 社内にいる巻き込み力のお手本は誰か?

2.自分のスタンスの確立

  • 特性のセルフチェック
  • 第三者インタビューにより客観視
  • 自分の軸の明確化
  • バイアスをなくし相手目線を持つ
  • ビジョンと役割の明確化
  • 目的は?目標は?

3.巻き込みに必要な説得力

  • 説得力がある会話とは?
  • その会話に琴線に触れる根拠はあるか?
  • もっと簡潔に伝えることができないか?
  • 重い腰を上げてもらうための伝え方とは?
  • どう動けばよいのか相手に伝わる段取り力
  • ハードルを下げて第一歩目を明示する効用
  • 理屈ではなくイメージで伝える
  • 誤解なく直感的に伝える図解の技術

4.巻き込むために必要な傾聴の技術

  • タイプ別コミュニケーション対策の整理
  • コーチングとカウンセリングは何が違うのか?
  • 傾聴に必要な態度、スタンス
  • 相手の持ち味を引き出す質問力
  • 質問だけで相手の頭と心整理するトレーニング
  • ポジティブに相手の意見を受け止める方法
  • いつ、どう褒めればよいのか?
  • やってはいけない叱り方
  • フィードバック技術の基本

5. 調整と協調の技術

  • 意見が相違するきの協調型コミュニケーション術
    (アサーティブ)
  • いかに冷静にかつ客観的に第三の選択肢を提示するか?
  • 意見は発散と収束でまとめること
  • 根回しの技術
  • 「影響力の武器」を活用する

6. ロールプレイング

  • 話が脱線するか反対意見が多い会議で巻き込むための演習
  • 忙しいメンバーが多いプロジェクトをどう推進するかの演習
  • 冷めたテンションの若手社員を巻き込む演習
  • 役員を巻き込みプロジェクトの合意を得る演習 など

 カリキュラム設計

カリキュラム例は標準的なモデルのため、実際には変わることがありますので予めご了承ください。詳細なカリキュラムは、貴社の状況に応じてオーダーメードで作成してご提案いたします。自社の課題を取り上げて欲しい、受講者のレベルに合わせて欲しい、業界の特殊事情を考慮して欲しい、休日実施は可能か?短時間受講は可能か?など、お気軽にご要望をお申し付けください。

 担当講師

代表の鈴木をはじめ、弊社が厳選したプロフェッショナルが講師を務めます。基本的なノウハウを体系的に学ぶだけではなく、多種多様な業界経験がある弊社のパートナー講師の知見も活かして実践的な講師を派遣します。

 講師メッセージ

いくら能力が高くても、一人の力では成果を上げるうえで限界が生じます。周りの信頼を勝ち取り、まわりの人が笑顔で主体的に動いてくれなければ大きな成果は得られません。そこで本講座では「巻き込み力」という切り口で、複数人をとりまとめ成果をスピーディーにあげるための考え方、動き方についてご教示します。個人での局地戦ではなく組織での総力戦に出られたとき、企業は高い生産性と高収益企業に生まれ変わることが可能になります。単なる根回しや交渉術、中間管理職に求められる調整能力に限定せず、生産性を高めるためのスキルとして弊社のご 提供プログラムの中よりベストアルバム的位置づけにてパッケージングしました。

 他のカリキュラムとの組み合わせ例

単発で1カリキュラムを受講するよりも、「他のカリキュラムと組み合わせる」か、3~6か月間などの期間を空けて「フォローアップ講座」を実施することで効果は最大になります。

 導入に向けて

弊社サービスの導入に向けてご不安な場合は、事例でイメージを膨らませていただき、Q&Aページで不安を解消してください。さらに詳細を知りたい場合は、資料をご請求いただくか無料相談にお申込みいただくことでより確実にご理解いただけます。

Contactお問い合わせ
ページトップ
  • 鈴木晋介オフィシャルサイト
  • 鈴木イズムブログ