SERVICE

Manager · OJT

管理職・OJT 研修

部下を持つと見るべき視点を変えなければいけません。責任が変わるからです。
本講座は主に新任管理職に向け、どう部下を導きサポートしていけばよいのか、
またOJTはどう進めればよいのかという点にフォーカスした講座です。

 目標

  1. 管理職やOJTの基本を習得
  2. 部下が自律的に成果を出せる計画の作成
  3. 部下をリードするための意識の切り替え

 特徴

  1. 講義だけではなくディスカッションやグループワークを通じて新たな気づきを得る
  2. はじめての管理職就任における不安を解消する内容を体系的に教示
  3. 講義を受講して終わりではなく受講後の実行計画の作成
  4. 「部長」「課長」「係長」「主任」「新人教育係」など役職に応じた内容にカスタマイズ
  5. 講義→個人ワーク(振り返り)→グループワーク(共有)→全体発表(気づき)→講師フィードバック(学び)のサイクルを
    各テーマに沿ってまわしていくことで、定着をはかる

 おすすめ

  1. 新任管理職として基本を学びたい場合、新人のOJT担当、部課長問わず
  2. 意識の切り替えを行い目的と役割を明確にしたい場合
  3. OJT計画をつくり適切な指導の仕組みを会社に導入・定着させたい場合
  4. 部下のモチベーションを上げ、組織全体の生産性を上げたい場合
  5. 新人研修、役職者研修、階層別研修などの基本教育として導入したい場合

※部署や役職を問わずおすすめです。

 カリキュラム例

(標準所要時間 : 1日間 、目安となる受講者数 : 20名前後)

1. 管理職の基本

  • 管理職とは何か?
  • 管理職の責任と役割
  • 部長、課長、係長など階層の違いの再認識
  • 課長以上は「次の教育できる人」も育てる
  • 部下、新人の立場になり不安や問題意識を考える
  • 自分の過去の振り返りから読み解く管理職
  • 管理職は視点の切り替えが9割

2.OJT および教育計画を明確にする

  • OJTとは何か?
  • 心技体でOJTの方針を整理する
  • 教育計画は組織のビジョンからつくる
  • 顧客の視点、部下の視点、会社の視点
  • 目的と目標の徹底に鍵がある
  • いきなり成果を求めずプロセスを求める
  • 即戦力の視点と中長期の視点
  • 振り返りと報連相の徹底が人を育てる
  • ワンオンワン(1対1)ミーティングの進め方
  • どう人材教育をPDCAに落とし込むか?

3.部下・後輩との関係性をつくる

  • 組織に帰属する安全性と安心感が鍵を握る
  • 部下、後輩のことをどれくらい知っている?
  • 部下、後輩の特性や傾向を知る
  • どのようなかかわり方をすればよいのか?
  • メンタリングの注意点、NGワードなど
  • 単なるOJTとメンタリングは異なる

4.部下を育てる傾聴の技術

  • タイプ別コミュニケーション対策の整理
  • コーチングとカウンセリングは何が違うのか?
  • 傾聴に必要な態度、スタンス
  • 相手の持ち味を引き出す質問力
  • 質問だけで相手の頭と心整理するトレーニング
  • ポジティブに相手の意見を受け止める方法
  • いつ、どう褒めればよいのか?
  • やってはいけない叱り方
  • フィードバック技術の基本

5. 部下教育の注意点

  • 最近の若手社員の傾向をつかむ
  • 時代背景と価値観の違いを認識する
  • 偏見とバイアスを抜く方法
  • メンタルケアの基本
  • うつ病と向き合う
  • モチベーソンの管理方法
  • レジリエンスとは?

 カリキュラム設計

カリキュラム例は標準的なモデルのため、実際には変わることがありますので予めご了承ください。詳細なカリキュラムは、貴社の状況に応じてオーダーメードで作成してご提案いたします。自社の課題を取り上げて欲しい、受講者のレベルに合わせて欲しい、業界の特殊事情を考慮して欲しい、休日実施は可能か?短時間受講は可能か?など、お気軽にご要望をお申し付けください。

 担当講師

代表の鈴木をはじめ、弊社が厳選したプロフェッショナルが講師を務めます。基本的なノウハウを体系的に学ぶだけではなく、多種多様な業界経験がある弊社のパートナー講師の知見も活かして実践的な講師を派遣します。

 講師メッセージ

本講座は、主に新任管理職向けに管理職が知っておくべきことやスキルの習得、またはOJT計画の立て方についてのプログラムです。
「管理職として」に比重に置くのか、「OJT計画の作成」に比重を置くのかは受講対象者により異なるため貴社の状況に応じてカスタマイズします。いずれにしても、私たちが大切にしていることは、管理職が持つ性格や能力によって部下教育にムラが出ないようにすることです。貴社にとって共通の基盤をつくり、どなたが管理職になっても適切なリードができるような内容のプログラムです。

 他のカリキュラムとの組み合わせ例

単発で1カリキュラムを受講するよりも、「他のカリキュラムと組み合わせる」か、3~6か月間などの期間を空けて「フォローアップ講座」を実施することで効果は最大になります。

 導入に向けて

弊社サービスの導入に向けてご不安な場合は、事例でイメージを膨らませていただき、Q&Aページで不安を解消してください。さらに詳細を知りたい場合は、資料をご請求いただくか無料相談にお申込みいただくことでより確実にご理解いただけます。

Contactお問い合わせ
ページトップ
  • 鈴木晋介オフィシャルサイト
  • 鈴木イズムブログ